株式会社クロス・ビー

9月13日(木)発売の雑誌「Tarzan」でHere Comes Tarzan!というコーナーに大神雄子選手のインタビューが掲載されました。



みなさん、こんにちわ。


ロンドンオリンピックも始まり、私も仲間の応援に毎日夜更かししながら応援してる毎日です。

赤羽にあるナショナルトレーニングセンターではいろんな競技のアスリートが毎日練習、トレーニングに励んでいます。


私が出場したアテネオリンピックで同じ部屋だった三宅宏実選手とは歳が近かったこともあり、アテネ以来仲良しです。

バレーの大友愛選手とは同じ東北出身というところからアテネで仲良くなり、そのあとお互いリハビリの担当の先生が一緒だったこともあり、一緒にロンドンを目指して復帰を目指した大切な仲間です。

レスリングの吉田選手とは年齢も一緒、誕生日も近いというところからすぐ仲良くなり、いつも話をすると笑いが絶えません!

リハビリ期間中・・・

リハビリ室で、またトレーニングルームでたくさんの仲間に刺激を受けました。

柔道のサーキットトレーニングは汗で湖になるぐらい本当に厳しいです。

水泳の松田君、はなえちゃん、松本選手のトレーニングは鳥肌がたちます。

バレーの練習時間は長く、チーム練習すごいんです。


たくさんの仲間がロンドンを目指し、たくさんの汗を、涙を流してきたのを間の前でみてきました。

そしてそれにパワーをもらい一緒に目指してきました。

当たり前のことなのかもしれないけど・・・

本当にそこには「覚悟」が必要だと思います。


こうして選手同士でもお互いを刺激し合い、切磋琢磨して、日本を代表して戦います。


もちろん自分自身立てなかった悔しい気持ちは今も変わらず持っていますし、それがなくなったら代表としていてはいてはいけないと思います。

だけど、こうして仲間ががんばってる今、自分だけが立ち止まったり、目を背けることは決して前に進んでるとは自分は思えません。

だから観るんです!

いやっ、応援するんです!

ありったけのパワーを日本から送るんです!


そしてそれをパワーにかえる。


私も足の検査を月に一度病院に行って診てもらい、それを受け止める毎日です。

それも前進なんです。


その前への進み方は人それぞれだし、スピードもそれぞれです。

それでいいんだと思います。


目の前のことをどう受け止めてやり抜くか・・・

口でではなく行動で・・・


どんな夢でも叶える魔法は・・・

「続けること」なんですもんね!

Push yourself all the time!

Push myself all the time!

Let's all together!

we are Family!!!

さて・・・

今回は最終予選だけではなく、リハビリの時からずっと一緒に戦ってくれたみなさんに何か感謝の気持ちを形にしたくてプレゼントを企画しました。

本当はコートで「結果」として返すことが一番なんですが・・・


この最終予選で履いた

「赤」「白」のバッシュを一足ずつ 赤、白各1名

20120726_1.JPG

20120726_2.JPG


実際に着た「黒」のユニフォーム上下1名

20120726_4.JPG


練習で着た練習着の上下1名
20120726_3.JPG


そして私とトヨタ自動車で日本代表選手竹内公輔選手とチャリティTシャツ「白」10名
20120726_5.JPG


計14名の方にプレゼントしたいと思います。


応募方法は簡単です。

①商品名、②名前、③年齢、④住所、⑤電話番号、⑥メッセージをご記入の上、このブログのコメントの欄から応募ください。

そこから私が抽選して当選者の方にプレゼントを送付させていただくということにしたいと思います。


本当ならば応援してくださる、支えてくださる皆さんに送りたいのですが・・・

それはちょっと難しいので・・・

是非会場などで言ってください!


そのときに自分の身につけてる物でプレゼントできるものがあれば是非プレゼントしたい!そう思っています。


私のパワーはみなさんの存在です。


いつも本当にありがとうございます!


これからも一生懸命自分と向き合い、人として、また選手として追求していきたいと思っています!


これからも温かいご声援よろしくお願いいたします!

大好きなみなさんへ・・・

      しんより☆

コメントする


JustGiving
コンタクト

About SHIN

大神雄子
大神雄子/YUKO OHGA

JOMOサンフラワーズと契約する日本女子バスケットボール界において初となるプロバスケットボールプレイヤー。
WNBAのフェニックス・マーキュリーのトライアウトに合格して、2008年5月には日本人2人目となるWNBAプレイヤーとして開幕ローター入りを果たし、シーズンを通じて23試合に出場。

Latest diary

Information

twitter




Recent Entries

High Five